大野智暁の評価は?歌詞の意味は?感想は?ジャポニズム画像は?



大野智暁の評価は?

WS001575

皆さんは、2015年10月21日に発売された、嵐のアルバム「Japonism」(ジャポニズム)をご存知ですか?

このジャポニズムを実際聞いた人の中で、ある1曲が大変話題になっています。

歌詞の意味は?

それは、大野智さんのソロである「暁」という曲です。

大野智さんの歌唱力が一段と際立つと言われるこの暁。

もともと嵐の中でも、特に歌唱力の高いリーダーである大野智さんですが、とくにこの暁を聞いてさらにファンを魅了させ、ファンをさらに増やしたといわれています。

今回はこの暁の意味を含めて、ご紹介していきたいと思います。

では、暁とはどのような歌なのでしょう。

ファンであれば、この暁の意味を知りたいと思った方も多いのではないでしょうか?

実際調べてみると、かなり奥が深いことがわかりました。

この暁は、大変和風な歌詞になっており、まさにこのアルバム「ジャポニズム」にマッチした曲だと話題になっております。

暁という言葉の意味は、古典的には暗くマイナスの意味を持ており、歌詞の表現も多様で、かなり奥の深い歌詞になっています。

当然失恋ソングの暁は、生きていることの辛さを歌った歌ですが、「暁」という一文字で表しているところもまた注目できます。

最終的には将来の展望が明るくなるうように作詞されていますので、まだ聞いたことがない方も是非、歌詞の意味にも注目して聞いてみて下さいね。

なぜ、大野智さんがこの歌を歌うことが決まったのかはわかりませんが、昨年同棲していると噂になった夏目鈴さんのことが関係している?と思うファンも一部ではあるようです。

そして、暁の随所では、百人一首の言葉が使われています。

例として、歌詞の一部をご紹介します。

「心にも あらで憂き世に ながらえば 恋しかるべき 夜半の月かな」

という歌詞が最後にあるのですが、これは和歌である三条院の68番が引用されていると言われています。

ちなみに三条院とは、今から約1000年以上前の67代天皇で、三条天皇といいます。

WS001577

感想は?

この暁を聞いた多くのファンは、大絶賛です。

大野智さんの伸びやかな美しい歌声と、正確なビブラートが大野智さんの持っている才能をより一層発揮させ、これを実際コンサートではいったいどんな風に踊って歌ってくれるのか楽しみなファンも多かったようですよ。

大野智さんの歌声、日本の楽器、発音やメロディー等全てが、この暁をより一層盛り上げておりますので、まだ聞いたことが無い方には聞いていただきたい1曲となっております。

ジャポニズム画像は?

WS001579

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す